嫌 われる 勇気 要約。 嫌われる勇気こそ人に好かれる極意!アドラー心理学の5原則まとめ

【アドラー心理学とは】「嫌われる勇気」(内容の要約と感想)

要約 嫌 われる 勇気

🤔 言い訳の口実としてトラウマを作り出していることを否定し、変わるための勇気を持つことが大切という内容が1章でのお話です。 モデルケースには、赤面症の女の子と高身長の女性が取り上げられています。 当時はアドラー心理学が世の中のトレンドになっていたので、嫌われる勇気と合わせて2冊の本を買った記憶があります。

11

「嫌われる勇気」の簡潔なまとめと感想

要約 嫌 われる 勇気

📲 もっとおおらかな上司のもとで働く同僚をうらやんだり、上司に歯向かってバチバチにやりあっては人生の競争に陥ってしまいます。 また、本書の中で哲人は自分が不幸だと主張する青年に次のような言葉を投げかけています。

【要約】「7つの習慣」をめっちゃ分かりやすく解説してみた。

要約 嫌 われる 勇気

♥ それ以来、ずっと先生とご一緒にアドラー心理学の決定版と呼べる本をつくりたいと願い、この『嫌われる勇気』を刊行できたことを非常に嬉しく思っています。 頭では理解できても実行できていないこともあったので、今後も読み返しながら実践していきたいです。 あなたの不幸はあなた自身が「選んだ」もの。

16

嫌 われる 勇気 要約

要約 嫌 われる 勇気

✆ 岸見青年が読者になりかわって疑問をぶつけ、そこに哲人が答えていく、という形式なので納得感も高いと思います。 もし、宇宙の中のただ一人の存在であれば、劣等感はもちろん、孤独さえも感じません。 競争を意識してしまうと、世の中が「自分にとって競争だらけの危険なフィールド」に見えてくるからです。

嫌われる勇気こそ人に好かれる極意!アドラー心理学の5原則まとめ

要約 嫌 われる 勇気

🚀 本作はまるで、ソクラテスとプラトンの対話のような形式で哲人と青年のやり取りが描写されていますが、それは岸見氏と古賀氏の重ねてきた対話そのものなのかもしれません。 ただ、アドラー心理学には、そのままではまずい 決定的な問題点が、少なくとも3つあります。

17

「嫌われる勇気」を読んで(レビュー・要約・感想文)

要約 嫌 われる 勇気

👋 「過去」に囚われず「今」を生きましょう😊 関連記事は👇. せっかくなのでメモを取りながら読み進めてみたのだが、 特にメモを読み返して自分の中に響いた部分をまとめてみたいと思う。

5