限り あれ ば 吹 かね ど 花 は 散る もの を 心 短 き 春の 山風。 收集的一些东西(二)

藤原道信 千人万首

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

🤔 「ー」のような伸ばす長音も一文字と数えます。 「しるし」は聖書の象徴的な言葉、神のサインという意味。

2

短歌の基本知識

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

🤞 長歌が蒼古 峻厳 ( しゅんげん )の特色を持っているが、この反歌もそれに優るとも劣ってはいない。

13

蒲生 氏 郷 辞世 の 句

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

🤙 然るに真淵は考でアキラケクコソと訓み、「今本、清明の字を追て、すみあかくと訓しは、万葉をよむ事を得ざるものぞ、紀にも、清白心をあきらけきこゝろと訓し也」と云った。

11

收集的一些东西(二)

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

💓 その方が、結句の響に調和するとおもったからである。

18

战国名将辞世名句

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

🍀 【他出】道信集、定家八代抄 正暦二年、諒闇の春、桜の枝につけて、道信朝臣に遣はしける 墨染のころもうき世の花ざかり折わすれても折りてけるかな 【通釈】墨染の喪服を皆が着る世の中ですが、花盛りの季節となり、私はそんな折であることも忘れて花の枝を折ってしまいましたよ。 「船乗り」は此処ではフナノリという名詞に使って居り、人麿の歌にも、「船乗りすらむをとめらが」(巻一・四〇)があり、また、「播磨国より船乗して」(遣唐使時奉幣祝詞)という用例がある。

蒲生 氏 郷 辞世 の 句

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

👎 耽美主義者は、三島由紀夫の最期を、「美しい死に方をした」と思う。 夏の萩の下葉の色は 露が置いて変わっていますが、それでなくとも。

源氏物語~和歌一覧 795首とその配置

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

🤗 この古調は貴むべくこの作者は凡ならざる歌人であった。 蒲生氏郷。 然れば莫囂国隣之の五字は、 紀乃久爾乃 ( キノクニノ )と 訓 ( よむ )べし。

19

藤原道信 千人万首

き を もの ば 山風 は 限り 短 吹 かね ど 春の 花 心 散る あれ

❤ この結句は命令のような大きい語気であるが、 縦 ( たと )い作者は女性であっても、集団的に心が融合し、大御心をも含め奉った全体的なひびきとしてこの表現があるのである。 キヨクアカリコソ(武田祐吉・佐佐木信綱)。

12