ナタリー コール。 ナタリー・コールを成功に導いたジャズ・ソウルなデビュー曲「This Will Be」

ナタリー・コール 来日記念特集

コール ナタリー

☮ デビュー当時からのキャピトル・レコーズを離れるなど、レーベルも不安定になってしまう。 ディスコグラフィ [ ]• 楽曲単位でいえば、父親のライバルでもあったフランク・シナトラとの「They Can't Take That Away From Me」(1993年、『Duets』収録)、カントリー歌手のリーバ・マッキンタイアとの「Since I Fell For You」(1994年、オムニバス・アルバム『Rhythm Country And Blues』収録)、ジェイムス・テイラーとのクリスマス・ソング「Baby, It's Cold Outside」(2006年、『James Taylor At Christmas』収録)、ウィル・アイ・アムがプロデュースを手がけたメイシー・グレイとの「Finally Made Me Happy」(2007年、『Big』収録)、ブラジルの巨匠セルジオ・メンデスとの「Somewhere In The Hills」(2008年、『Encanto』収録)、イタリアの人気歌手アンドレア・ボチェッリとの「The Christmas Song」(2009年、『My Christmas』収録)と、挙げるときりがないほど見事なコラボレーションを多数残している。 コーラス・グループを組んだりしながら、幼い頃より歌手への道を歩んでいった。

10

ナタリー・コールさん死去、65歳 アメリカの人気歌手、「アンフォゲッタブル」

コール ナタリー

👌 その後も『Thankful』(1977年)、『I Love You So』(1979年)とヒット・アルバムを連発する。 オリジナルの40年後である1991年に、レコーディング技術を結集して斬新なデュエット曲に蘇らせたのだ。 しかし、リハビリを経て80年代末に再び脚光を浴びはじめ、1991年、亡き父の歌声の音源との「疑似共演」を果たしたアルバム「Unforgettable・・・with Love」が大ヒット。

16

【楽天市場】【中古】【CD】 アイム・レディ ナタリー・コール CDSOL

コール ナタリー

⚓ 1950年、ロサンゼルス生まれ。 with Love 」を発表。 エレクトリックな質感はそれまでのナタリーのイメージとは違ったが、それでも起死回生の一発としてはインパクトが大きかった。

12

ナタリー・コールさん死去、65歳 アメリカの人気歌手、「アンフォゲッタブル」

コール ナタリー

😘 グルーヴィーなソウルからジャジーなスタンダードまで歌える実力は、デュエット相手にとっては非常に魅力的なのだろう。

5

繝翫ち繝ェ繝シ 繧ウ繝シ繝ォ 莉」陦ィ譖イ — 繝翫ち繝ェ繝シ繝サ繧ウ繝シ繝ォ ��atalie cole縲《tephanie natalie maria cole縲1950蟷エ 2譛6譌・

コール ナタリー

😄 1979年にはピーボ・ブライソンとのスウィートなデュエット・アルバム『We're The Best Of Friends』を発表しているし、三大テノールのうちの2人の歌手ホセ・カレーラスとプラシド・ドミンゴとともに1995年に行ったコンサートの実況盤『A Celebration Of Christmas』という異色作も存在する。 15歳の時に父親が亡くなったが、変わらず歌うことを続けていったという。 アーシーなソウルを歌ったシングル「This Will Be」が、ビルボード・シングル・チャートで6位まで上昇するヒットを記録し、いきなりグラミー賞の最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス賞と最優秀新人賞を獲得。

ナタリー・コール 来日記念特集

コール ナタリー

🍀 来日も多く高い人気を博したが、2015年12月31日に米ロサンゼルスにて死去。 再びナタリーに脚光が浴びたのは、1988年のこと。

14