北村 透谷。 思想家紹介 北村透谷 « 京都大学大学院文学研究科・文学部

『北村透谷』の作品一覧

透谷 北村

✆ 当時の明治政府による国家主義にとって有益な文学を創り、重用されることを第一の目標としたかのようである。

北村透谷とは

透谷 北村

😇 実は自然の一個なり。 透谷は没落士族出身の貧書生であり、石坂ミナは何不自由ない大地主の長女であり、横浜にあった共立女学校を卒業する。

17

『北村透谷』の作品一覧

透谷 北村

☯ 旧制高校時代に私が彼を知ったのも、厭世詩人としての彼の作品を読んでからであった。 もとの 一枝 ( ひとえ )をまたの宿、 暫しと憇ふ蝶ふたつ。 92年キリスト教女性教養誌『女学雑誌』に書いた『厭世 えんせい 詩家と女性』で文芸評論家として注目され、短いが灼熱 しゃくねつ した文学思想家・批評家としての時期が始まる。

8

北村透谷

透谷 北村

😂 第一 門出 北風に窓閉されて朝夕の 伴 ( とも )となるもの 書 ( ふみ )と 爐火 ( ゐろり )、 軒下の 垂氷 ( つらゝ )と共に 心 ( むね ) 凍 ( こほ )り 眺めて學ぶ雪達摩、 けふまでこそは梅櫻、 霜の惱みに默しけれ。 ,門太郎。 「新体詩抄」から「若菜集」までの15年の間に、いくつかの注目すべき大作の詩が発表されている。

7

北村透谷 一夕観

透谷 北村

🎇。 北村透谷の幻境 北村透谷の幻境 北村透谷は、川口の森下という集落を幻境と呼びました。

8

北村透谷とは

透谷 北村

👋 しかし、文学は芸術であり、芸術とは創造者の独自の美しい観念を表すものであろうと思う。 透谷もミナもキリスト教信者であった。

18

北村透谷の幻境

透谷 北村

🙏 然れども人間の霊魂を建築せんとするの技師に至りては、其費やすところの労力は 直 ( たゞ )ちに有形の楼閣となりて、ニコライの高塔の如く衆目を引くべきにあらず。 この論争で意見の対立をみた二人だが、文学を理解する根本的なところで共通点があった。 石坂美那でもなければ、富井まつ子でもない。

9

北村透谷

透谷 北村

🤪 透谷は蝶の思い出を胸に、頭を剃り、漂泊の旅に出たのであった。 第二 (部分) 嗚呼(ああ)楚囚! 世の太陽はいと遠し! 噫(ああ)此は何の科(とが)ぞや? ただ国の前途を計りてなり! 噫此は何の結果ぞや? 此世の民に尽くしたればなり! 「楚囚」とは中国・春秋時代、楚の鐘儀が晋に捕らえられた後も、楚国の冠をつけて故国をわすれなかった故事から、他郷においてとらわれの身となった囚人をさす。

3

北村透谷とは

透谷 北村

😇 戦ふは戦ふ為に戦ふにあらずして、戦ふべきものあるが故に戦ふものなるを。

4