小į”Ÿ 意å‘ŗ。 čĒ¤į”¨ã—やすい「小į”Ÿã€ã€Œå°čˇã€ãŽæ„å‘ŗとビジネ゚でぎæ­ŖしいäŊŋい斚

ã€Œå°čˇã€ã¨ã€Œå°į”Ÿã€ãŽé•ã„、äŊŋい分け

意å‘ŗ 小į”Ÿ

🙂 「į§īŧˆã‚ãŸã—īŧã‚ãŸãã—īŧ‰ã€ ã“ãĄã‚‰ã¯ãƒ“ã‚¸ãƒã‚šã‚ˇãƒŧãƒŗ、æ—Ĩ常ãĒおįŠļæŗã‚’問わずäŊŋうことぎできる一äēēį§°ã§ã™ã€‚

13

小į”Ÿã¨ã¯īŧŸ æ­Ŗしい意å‘ŗとäŊŋい斚をįŸĨãŖãĻčĒ¤į”¨ãĢæŗ¨æ„ã—ようīŧ

意å‘ŗ 小į”Ÿ

😘 「åŧŠčˇīŧˆã¸ã„しょくīŧ‰ã€ãŽæ„å‘ŗとäŊŋい斚 一čˆŦįš„でãĒいčĻ‹æ–šã‚‚ 「åŧŠčˇã€ã¯ã€ã€ŒããŽčˇå‹™ãĢついãĻいるč‡Ēåˆ†ã‚’ã¸ã‚Šãã ã‚‹čĄ¨įžã€ã§ã™ã€‚

10

「小į”Ÿã€ãŽæ„å‘ŗとはīŧŸã€Œå°čˇã€ã¯īŧŸäŊŋã„æ–šã‹ã‚‰éĄžčĒžã€č‹ąčĒžãžã§čŠŗしくč§ŖčĒŦīŧ

意å‘ŗ 小į”Ÿ

🚒 åĨŗ性だけでãĒくį”ˇæ€§ã§ã‚‚äŊŋį”¨ã™ã‚‹ã“とができ、文書かåŖčĒžã‹ã‚‚問わãĒいためäŊŋã„ã‚„ã™ã„č¨€č‘‰ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚

「小į”Ÿ(しょうせい)」とはīŧŸæ„å‘ŗやäŊŋい斚を䞋文äģ˜ãã§č§ŖčĒŦ

意å‘ŗ 小į”Ÿ

😅 ぞずはäģŠæ—Ĩã‹ã‚‰ã€ãƒ“ã‚¸ãƒã‚šãƒĄãƒŧãƒĢでは「į§ã€ã¨æ›¸ãįŋ’æ…ŖをčēĢãĢつければと厉åŋƒã§ã™ã€‚

5

īŊĸå°čˇīŊŖとīŊĸ小į”ŸīŊŖぎ違いと意å‘ŗ/æĨをかかãĒいためぎæ­ŖしいäŊŋい斚

意å‘ŗ 小į”Ÿ

📞 ã‚ãŸãã—ãŸãĄã€‚

小į”Ÿã€å°čˇã¨ã¯īŧŸæ„å‘ŗとčĒ­ãŋ斚、äŊŋい斚はīŧŸåĨŗ性ぎ場合はおうするīŧŸ

意å‘ŗ 小į”Ÿ

💅 小į”Ÿã¯å‡ē先よりį›´čĄŒã—ぞす」 「小į”Ÿã€ãŽč¨€ã„換え 「小į”Ÿã€ã¯į”ˇæ€§ãŒäŊŋã†čĄ¨įžã§ã€ã‹ã¤į›Žä¸ŠãŽäēēãĢはäŊŋうことができãĒいため、äŊŋį”¨ã‚ˇãƒŧãƒŗが限られãĻしぞいぞす。 ãƒģ「小į”Ÿã€ã‚’čŠąã—č¨€č‘‰ã¨ã—ãĻį”¨ã„ãĻいる。

3

【ã‚ŗナム】éŖŸãšãƒ­ã‚°ãŽåŖã‚ŗミぎ「小į”Ÿã€įŽ‡ã¯į•°å¸¸

意å‘ŗ 小į”Ÿ

❤ī¸ ã“ãŽč¨€č‘‰ãŒã‚ˆãäŊŋわれる場éĸとしãĻは、あるį¨‹åēĻぎåŊščˇãĢついãĻいるäēēがč‡Ē分ぎäģ•äē‹ä¸ŠãŽįĢ‹å ´ã‚’大したもぎではãĒいと控えめãĢ襨įžã™ã‚‹æ™‚ãĒおが挙げられぞす。 ãĒお、į›¸æ‰‹ãĢ寞しãĻå¤ąį¤ŧãĢあたãŖãĻはいけãĒいぎで、これらぎようãĒč¨€č‘‰ã§č¨€ã„æ›ãˆã‚‹ã“ã¨ã‚‚å¯čƒŊです。

14

【小į”Ÿã€‘ã¨ã€å°čˇã€‘ãŽæ„å‘ŗぎ違いとäŊŋい斚ぎ䞋文

意å‘ŗ 小į”Ÿ

đŸ¤Ŗ å°čˇã¯ãƒĄãƒŧãƒĢよりも手į´™ã§äŊŋわれる ã“ãŽč¨€č‘‰ã¯ã€æ™ŽæŽĩãŽãƒĄãƒŧãƒĢãĒおよりもå­Ŗį¯€ãŽæŒ¨æ‹ļや、ãĒãĢã‹ãŽčĄŒäē‹ãĢį¤žå¤–ぎäēēを招垅する際、逆ãĢ招垅を受けãĻそれãĢčŋ”äē‹ã‚’する際ぎ手į´™ãĒおãĢäŊŋã‚ã‚Œã‚‹č¨€č‘‰ã§ã™ã€‚ īŧž 「į§ãŠã‚‚も、そぎようãĒäē‹æ…‹ã‚’æƒŗ厚しãĻおらずâ€Ļâ€Ļ」 「手前おもぎéƒŊ合で大変恐į¸Žã§ã”ざいぞすがâ€Ļâ€Ļ」 というようãĢäŊŋわれることがありぞすよね。 そうæąēめãĻしぞうぎがį„Ąé›Ŗです。

ã€Œå°čˇã€ã¨ã€Œå°į”Ÿã€ãŽé•ã„、äŊŋい分け

意å‘ŗ 小į”Ÿ

⚑ ã€Œå°čˇã€ã¯ã€ã„ã‚ã‚†ã‚‹æ•ŦčĒžãŽä¸€ã¤ã§ã™ã€‚

10